2019【マリメッコ展|大阪】評判やグッズ一覧紹介!チケット優待は?

アンケートに答えて現金プレゼントキャンペーン

マリメッコ巡回の最終地、大阪中之島で開催中です。

テキスタイル・ブランドとして有名なマリメッコの限定グッズや値段、評判などをくわしく紹介します!

マリメッコ展大阪開催日

期間:7月13日(土)~10月14日(月祝)

時間:9時半~17時(最終16時半)

休館日:月曜日(7月16日、8月13日、9月17日、24日)

※8月12日、9月16日、23日、10月14日は開館

開催場所とアクセス

大阪市立東洋陶磁美術館

電車で行く場合

京阪中之島線「なにわ橋駅」1番出口からすぐ

御堂筋線「淀屋橋駅」1番出口から徒歩6分

堺筋線「北浜駅」26番出口から徒歩6分

東洋陶磁美術館駐車場ある?

美術館の専用駐車場はありません。

車いす用の駐車場のみあるので事前に電話が必要になります。
( 電話:06-6223-0055 )

1番近い有料駐車場はタイムズ北浜になります。

時間料金 最大料金
12分300円 8:00~22:00 3,200円

マリメッコ展チケット優待や割引き

一般 1,200円
高校・大学生 700円
中学生以下 600円

割引・優待券はある?

①大阪市内在住の65歳以上は無料(証明書提示)

②JAFカード提示(200円割引)

③PiTaPaカード提示(200円割引)

④阪急・阪神STACIAカード提示(200円割引)

⑤阪急・阪神友の会提示(200円割引)

⑥大丸松坂屋友の会提示(200円割引)

⑦ベネフィットカード提示(200円割引)

⑧リロクラブクーポン(200円割引)

⑨関空クラブカード提示(200円割引)

マリメッコ展内容と所要時間

マリメッコのテキスタイルと同時にフィンランド陶芸の特別展が同時開催されています。

マリメッコの専属デザイナー3名による「JAPAN」をテーマにした新作パターンや制作過程が展示されています。

メインはこのテキスタイルエリアです。裏面にも別のデザインがありとても綺麗です。

こちらはフィンランドの陶板です。表面に光沢があり色彩豊かなものばかりでした。

館内はすべて撮影が可能になっています。

ただ、シャッター音だけさせないようにと言われるので事前に無音カメラのインストールをおすすめします。

こちらのアプリなら、無料&無音で高画質を撮影できるのでおすすめです。

StageCameraHD - 高画質マナー カメラ

StageCameraHD – 高画質マナー カメラ
開発元:sky-nexus Inc.
無料

マリメッコ4割、フィンランド陶芸6割という振り分けになっています。

所要時間は1時間前後です。

もう少しマリメッコの作品をたくさん見たいと思いました。マリメッコの茶室なども設置されていましたがボリュームは少なめです。

テキスタイルの部屋では椅子がいくつも用意されていたので、座りながらゆっくり眺めることができたので良かったです。

2019マリメッコグッズ種類と値段


マリメッコ展限定缶バッチ(556円)


マグカップ(2,500円)


長方形皿(5,500円)丸皿大(5,000円)丸皿小(2,592円)深い器(6,000円)

⇒ インスタ映え過ぎる!マリメッコのプレートの実力!


トートバック左側(4,500円)トートバック右側(5,000円)

⇒ 定番!マリメッコトートバックキャンバストートはこちら


ポーチ大(10,000円) ポーチ小(4,000円)


ハンカチ(1,300円)


鉛筆(2,500円)

⇒ マリメッコ鉛筆を単品・柄指定で欲しい人はこちら

限定トートバック

ムーミン木製キーホルダー(1,900円)

フィンランドならではの木製雑貨です。ムーミンも可愛いけど色のついたスナフキンやミニィが可愛い。

2019マリメッコ展大阪混雑状況

平日の15時頃訪れました。ほぼ9割女性客で30代~60代くらいまで幅広い世代の人が来場していました。

展示物もグッズ会場も混雑なくゆっくりと見まわることができました。

それでもあまり宣伝されていないようなイベントでしたが、思ったよりも人がいてたので驚きました。

チケットも当日購入するのに並ぶことなくスムーズ。

土日でも他のイベントほど混雑することはなく穴場なスポットと言えます。

2019マリメッコ展大阪の評判は?

マリメッコの茶室なども設置されていましたがボリュームは少なめです。

マリメッコは3人のデザイナーさんがいることすら知らなかった私は

発見の多い展示会でした。

公式図録はすべて完売していましたがネットでも販売されているようです。


他にも通常展で展示されている陶器なども鑑賞することができます。

東洋陶磁美術館は少しずつ部屋がわかれていて、こじんまりとした美術館ですが雰囲気はよく落ち着ける場所でした。

マリメッコ巡回は今のところ、大阪の次の場所は発表されていません。

今回のイベントのメインは陶芸とマリメッコの共同展示で、フィンランドの国を全体的に見る内容になっていました。

駅からすぐで立地もよく、涼しいうえに混雑もひどくない。

ベビーカーでも中に入れて、おむつを替えるスペースもあるので便利です。

マリメッコの綺麗なテキスタイルを見ながらゆっくり会話を楽しむデートにもぴったりの場所でした。

▼ 大人のための関西おでかけ情報を発信中! ▼

ひこまいのTwitterをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です