2019【新世界夜市】お店の様子やメニュー!会場の場所は?混雑状況

新世界のちょっと怪しい商店街で開催される新世界夜市

土曜日の2日間のみの開催ですが「ゲテモノ」や「ちょい飲み」が味わえます。

新世界夜市開催時間

日程:8月24日(土)・31日(土)

時間:17時~21時半

新世界夜市の屋台の内容


すじ肉カレー(500円)

この夜市では1番がっつり食べれるメニューだと思います。


クロワッサンたいやき(250円)

つぶあん・アップルカスタード・アーモンドミルクショコラの3種類です。注文してからすぐに鉄板で温めおしてくれるので熱々、サクサクが食べられます。


牛ホルモンフクとハチノスの煮込み(500円)

かなり柔らかくて味がしっかりしていて美味しかったですが、この量で500円はちょっと高い。


豚耳の燻製(300円)豚耳の塩焼き(300円)

かなり匂いが独特でしたが、割と人気のあるお店でした。


毎回、恒例のゲテモノ料理。

隣ではタガメやサソリが鍋で焼かれているので出来立てを食べることができます。

ちなみにちゃんとした食用なので安心してください。

新世界夜市の場所やアクセス

電車で行く場合
地下鉄御堂筋線「動物園前駅」から徒歩10分
地下鉄堺筋線「恵比須町駅」から徒歩3分
南海線「新今宮駅」から徒歩10分
阪堺線「新今宮駅」から徒歩10分

この辺りの土曜日の駐車場はだいたい20分300円が相場になります。

ですが、通天閣から近く少しお得な駐車場が1つあります。

駐車場から恵比須町駅の方に歩き「デイリーヤマザキ」を右に曲がると商店街の入り口になります。

時間料金 最大料金
8:00-22:00 30分300円 なし

新今宮駅・動物園前駅から新世界夜市の行き方

近道は他にもありますが、ちょっと観光としては味気ない道になるので新世界を楽しめるおすすめのルートを紹介します。

①地下鉄御堂筋線「動物園前駅」は1番出口、南海線「新今宮駅」は東口出口からハルカスの方に向かって歩きます。

②ファミリーマートが見えたら左に曲がり低いトンネルをくぐります。

③ジャンジャン横丁の入り口になり、狭い道の両側に串カツ店がひしめきあっています。ここにも有名店「八重勝」や「だるま」があります。

④突き当りに変なロゴやこてこての大阪Tシャツが売っている「きてやこうて屋」のお店があり、この左側の道を入っていきます。

⑤づぼらやがある道を入ると目の前に通天閣が見えてきます。

⑥通天閣の下をくぐり矢印の方向の商店街へと進みます。

⑦3分ほど歩くと、少し広めのスペースがありそこを左にくるっと曲がった所に夜市の入り口があります。

最短距離で新世界夜市への行き方

1番近いのは地下鉄堺筋線の恵比須町駅の3番出口で、通天閣商店街と直結しています。10mほど歩くと新世界夜市の入り口になります。

新世界夜市の感想や評判

土曜日のみで17時スタートですが、あまり早い時間に行きすぎると開いていない屋台があります。

ジャンジャン横丁から通天閣まではかなりにぎわっていますが、通天閣をくぐった夜市に向かうルートは少し寂しい感じになります。

夜市に到着したら入り口にあるサーバーでビールを買い、そのまま奥に入ってつまみを買っていくスタイルがベスト。

大阪のディープ過ぎる人や屋台が並んでいますが、夜市というよりは「闇市」に近い雰囲気。

独特なつまみや多国籍系、ゲテモノ系などがあります。

ただ、ここでおなかいっぱい食べようというには不向きです。

できれば軽く食事を済ませてから、軽く一杯やりにくるという感じで行くのをおすすめします。

または、先にぶらっと立ち寄ってから帰りにがっつり新世界の串カツを食べるというパターン。

最近は「串カツ食べ放題」のお店もでてきたり、お寿司の「くら」やマクドナルドも出店していて食の宝庫になっています。

半分は外国人の人でお土産屋やスイーツショップ、射的など毎晩が縁日にような楽しい場所です。

夜市は定期的に開催していますが、屋台の人はみな楽しい人ばかりでつい話し込んでしまうほど。

20時頃に行くのがおすすめなディープスポットです。

 

▼ 大人のための関西おでかけ情報を発信中! ▼

ひこまいのTwitterをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です