梅田【スナックパーク】全メニューと値段紹介!席や混雑状況!

大阪梅田の阪神百貨店の地下にある「スナックパーク」は、ほぼワンコインで美味しいご飯が食べられると有名な施設です。13店舗あるお店の全メニューや行列が出来るお店などを詳しく紹介します!

梅田スナックパークの場所は?

阪神百貨店の地下に13店舗のお店が並んでいます。

谷町線の東梅田駅の改札近くにあるローソン横の道を曲がりまっすぐ階段を上がったところにあります。

スナックパークの店内と席

すべて立食式のテーブルやカウンターになります。ゴミ捨てエリアやセルフの水飲みエリアもあるので充実しています。

画像は広めのテーブルになっていますが、壁側はカウンター式で反対側や中央付近にも小さめのテーブルなどがあります。

店舗メニューと値段

このエリアには自動ドアのガラスで仕切られていて、室温の調整がされているので快適でした。

所狭しと人気店が13店舗入っています。

阪神限定イベントメニュー

入り口はいってすぐのお店。イベント店で阪神梅田本店の限定メニューがあります。甘辛いお肉とご飯がやみつきになる味です。

普通サイズなのにボリューム感のある一品でした!ワンランク上の牛カルビにしたのでお肉も柔らかく美味しかった!紅しょうがと半熟卵をまぜて最強の味に!

「牛焼みらく」メニューと値段

特製タレで牛丼をグレードアップした「タレ焼肉丼」がイチオシメニュー。牛丼ですが煮込みではなく、鉄板でしっかり焼いてあるのがポイント!香ばしさが凄くて、この特性タレはなんと名店「味楽園」が監修しています!

お得な大盛セットやお酒にあう単品メニューも用意されています。

「ちょぼ焼き」メニューと値段

たこ焼きとお好み焼きの間のような存在のちょぼ焼き。タレとポン酢の2種類から選ぶことができ、大阪ならではのコンニャクなども具材に入っています。期間限定の味「もちチーズ」は女性に人気の商品です。

限定の「もちチーズ」のポン酢。ポン酢の量が少なく、中はちょっとねっちょり系。冷めていて、個人的には2度と買わないであろう商品でした。

「阪神名物いかやき」メニューと値段

阪神梅田の名物「いか焼き」はリーズナブルなのに美味しいと大人気!手軽に食べられるスナック系ですが、お土産として持ち帰る人もたくさんいます。名物とだけあって、常に行列ができているお店です。

 

大阪を代表するラーメン店の一つで昔懐かしい味の中華そば。ここだけでしか食べられない「味玉入り中華そば」が人気で行列の絶えない店の1つです。シンプルだけど味は間違いなしのラーメンです。丼とのセットもお得。

「天ぷらの山」メニューと値段

まさに天ぷらが、ドンッと山のように盛られています。海老も多くボリューム満点なのに安い!目の前で揚げられるので、いつでもアツアツを食べることができます。

「うまかラーメン」メニューと値段

シンプルな味ですが万人受けするラーメンと言えば「うまかラーメン」。実は復活店で多くのファンがいます。冬でも冷麺を提供しているのが嬉しい!1杯ワンコインどころか激安のお店で無料で大盛にもできます。

こちらは大盛のとんこつラーメン。とんこつならではの匂いがしますが、味は思ったよりもあっさり系でスープも飲み干せる感じでした。チャーシューは豚バラ肉で、麺も細麺。ザ・博多を堪能できるラーメンです。

「魚がし日本」メニューと値段

江戸前スタイルのお寿司屋さんで関西にはめずらしいネタもそろっています。最高峰の味なのにお値段は安めで、お得なランチが大人気です。

焼サーモンマヨは香ばしくてサーモンの甘味がすごくて美味しかった!

「粉心」メニューと値段

「とり天うどんてんぼう」メニューと値段

しっかりとしたコシがあるうどん専門店です。びっくりするくらい安く、出来上がるのも早い!この値段なのにクオリティの高い味で時間がなく早くランチを終わらせたい人にもぴったりのお店。小腹が空いた時にもちょうどいい!

「立ち喰い魚ふじ屋」メニューと値段

鮮魚店直営だから美味しくて新鮮な魚が食べられます!連日満席の天王寺店と支店になります。昼過ぎには完売しているメニューも多く、早めの来店をおすすめします。

15時までならご飯・わかめ汁付きの定食風が食べられます。

「ローマ軒」メニューと値段

「焼きスパ」専門店のお店ローマン軒は通常のパスタ店に比べると量が多い!昔ながらのナポリタンが人気でワインの飲み比べしながら食べるのがおすすめ!

ワインに合うおつまみ系も置いてあるので昼飲みや夜にもぴったり!

「たまご丸」メニューと値段

オムライスとカレーの専門店。たまごにこだわったお店ですが、ソースの種類が豊富なのにお値段は均一というサービスぶり。トッピングもあるので自分好みのオムライス&カレーを食べることができます。

「甘党御座候」メニューと値段

定番の「赤あん」と「白あん」の2種類のみの販売。お土産にもぴったりで箱買いするもよし、食べ歩きするのもよし。袋入りの「つぶあん」も販売されていて自宅でぜんざいなどにも使えます。

赤あん 95円

白あん 95円

中のあんは意外と甘すぎず、食べやすかった!ただ、全体的にやわらかく皮がカリカリ系が好きな人には物足りないかも。

行列ができる人気店は?

13店舗あるお店の中で1番行列ができて混雑していたお店は「阪神名物いか焼き」でした!平日でも常に15人以上の人が並んでいて、ランチ時だけでなく夕方にも人が途絶えることはありませんでした。

次に行列がすごかったのが「オムライスとカレーの店たまご丸」、ついで「中華そばカドヤ食堂」「天ぷらの山」になります。

スナックパークの混雑状況は?

平日の12時半頃に行きましたが、多くの人でにぎわっていました。ただ、立食式なので長居をする人はあまりおらず回転が速いので待たずにテーブルにつくことができました。

土日や金曜日の夜になると飲みに来る人が多く、席がなかなか空かないという状況になります。

梅田スナックパーク行った感想

スナックパークのお店は全体的に安いので、いろいろな店のメニューを楽しむことができます。気になる料理少しずつチョイスして食べることをおすすめします。

低価格の割に満足するお店が多く、短時間でも美味しいご飯を食べたいときにぴったりの施設でした。

ご飯の他に、入り口付近ではコーヒースタンドがありこれも低価格で提供されていました。

清潔感もあり、ちょっとしたテーマパークのような雰囲気の新しい形のフードコートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です