【枚方|凍氷】評判は?かき氷のメニューや駐車場は?営業時間も紹介!

枚方市にある老舗のかき氷屋さん、枚方凍氷。

知る人ぞ知る氷専門店で毎年夏になると遠方からも多くの人が、ここのかき氷を求めてやってきます。

枚方凍氷はいつから営業開始でいつまで?など丸ごと全部紹介します!

枚方凍氷どこ?

電車で行く場合

京阪本線「枚方市駅」から徒歩8分
京阪本線「枚方公園駅」から徒歩10分

枚方凍氷の駐車場

枚方凍氷の専用駐車場はありませんが、すぐ横に安めのパーキングがあります。

基本料金 最大料金
昼間 8:00~20:00  60分200円 700円
夜間 20:00~8:00  60分100円 300円

お店の裏側には専用の駐輪場があります(無料)

枚方凍氷営業時間

期間:4月27日(土)~10月14日(月祝)

時間:10時~18時(Lo 17時半)

※水曜日は定休日ですが7月・8月は無休

割と早い時期から営業が開始しています。5月・6月・9月・10月は水曜日がお休みなので注意!

枚方凍氷かき氷メニュー

枚方凍氷は自然界でつくられる氷の過程をうまく取り入れた「純氷」で、かき氷を作っています。透明で不純物を含まない昔ながらの製造法です。

かき氷メニュー
すべて350円
・いちご  ・みぞれ
・マンゴー ・桃
・青りんご ・抹茶
・ブルーハワイ ・レモンエード
・コーラ ・メロン ・レモン

◆トッピング
コンデンスミルク
シングル:50円
ダブル:100円

人気メニュー

1位 いちご
2位 抹茶
3位 マンゴー

ということで、人気の抹茶とマンゴーを食べてみました。

抹茶+コンデンスミルクのシングル

お祭りでよくある屋台の抹茶味は、ちょっと安い氷みつの味がきついですがしっかりと抹茶の味を堪能できて美味しいです。

マンゴー+コンデンスミルクのシングル

マンゴーの味が意外と濃くてミルクをかけなくてもいいくらい。底までしっかりとかかっていました。

そして、とても見た目はシンプルですが氷のきめがとても細かくサラサラとしています。

自宅の氷のような独特な味ではなく、本当に無味。ただ食感だけが心地よくてすぐに溶けてしまいます。

枚方凍氷お持ち帰りメニュー

枚方凍氷ではお持ち帰りも販売しています。かなりてんこ盛りで店内で食べるのと同じ料金です。

店内の様子と混雑状況

平日の16時頃に訪れましたが、店内は満席。子供連れが多く賑わっていました。

お店は屋外に簡単なテーブルとイスが設置されていてクーラーなどはありません。大きなテント屋根があるので日差しは避けられます。

7月8月は平日でもこのような状況ですが、土日や14時前後のピーク時間帯には行列ができます。

いつも10人くらいは並んでいるので10分~15分くらい待ち時間が発生します。

↑ 通常はこの脇の道で並んでいます。

お水や小さい子用のとりわけ皿なども完備しています。

枚方凍氷の評判は?

こんな所にお店があるのか?!という場所にある枚方凍氷ですが、うわさを聞きつけてたくさんの人が訪れます。

とてもシンプルでインスタ映えはしませんが、自然の氷の味や食感に感動することでしょう。

そして値段もかなり安く、器に山盛りにして運ばれてきます。

氷の専門店というだけあって、氷を各地に卸していてかき氷機もレンタルしているお店。

毎年7月8月はかなり混雑しますが、待ち時間も3分ほどですぐに運ばれ回転は良いです。

クーラーの効いた部屋で食べるよりも暑い中で食べるかき氷の美味しさが味わえる一品。

毎年必ず訪れるリピーターファンも多く雑誌にも掲載されている老舗の枚方凍氷。

過剰なトッピングや変わり種かき氷とは別格の、本格的な氷の味が楽しめるお店でした!

 

▼ 大人のための関西おでかけ情報を発信中! ▼

ひこまいのTwitterをフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です