2019【淡路島|うみぞら映画祭】指定席や予約は?混雑状況がやばすぎる!

淡路島の綺麗な海をながめながらの映画鑑賞イベント!

淡路島のグルメやナイトマーケットなどや

グランピングBBQなどの申し込み方法まで詳しく紹介!

うみぞら映画祭開催場所アクセス

※映画祭開催期間中、阪神高速3号神戸線がリニューアル工事中のため終日通行止です!!

洲本市にある大浜海水浴場で開催されます。

電車で行く場合最寄り駅はなく直行バスでのみになります。

三宮駅から神姫バスで約1時間半

運賃:片道1,850円

大阪(阪急梅田3番街)から阪急高速バスで約2時間

運賃:片道2,350円

うみぞら映画祭駐車場

大浜海水浴場にはもともと無料の駐車場が100台分ありますが、

イベント中はスタッフや関係者が使用し一般客は使用できない可能性が高いです。

その場合、近隣の有料駐車場になりますがおすすめをいくつかご紹介します。

洲本港第一駐車場

海に面した気持ちのいい駐車場です。会場まで海岸沿いに歩いて5分くらいになります。

通常料金 最初の1時間無料 以降60分100円
最大料金 600円

洲本市営すいせん苑駐車場

先ほどの洲本港第一駐車場の海をはさんで向かいにある所です。周辺では最大料金が最安値です。

通常料金 最初の1時間無料 以降60分300円
最大料金 300円

うみぞら映画祭開催日時

日時:2019年5月25日(土)・26日(日)

開場:9時半~ 開演:10時~

上映映画

19時~ 「ダンボ」

21時半~ 「ボヘミアンラプソディー」

うみぞら映画祭の当日券と指定席

チケットは前売り券(指定席・自由席)か当日券(自由席)のどちらかになります。

指定席はスクリーンが1番見やすい場所になっていて上映時間までに到着すればいいので安心です。

自由席の場合は先着順に案内されます。

うみぞら映画祭の混雑状況

2016年から始まったこのうみぞら映画祭は、毎年2日間で約5000人ほどの人が来場します。

映画祭の他にワークショップやナイトマーケット、他にもいろいろなイベントが催されています。


映画の上映は19時~と21時半~ですが、当日券や自由席の人は先着順になるので早めの時間から行列ができています。

お昼過ぎになるとすでに半分くらいの席が埋まっています。

19時を過ぎた時点で完全に満席状態。

今回は大人気映画「ボヘミアンラプソディー」が上映されるので、土曜日の21時半は前売り指定席もほぼ売れてしまっています。(5月19日現在)

*21時半~上映は終了時間が23時を過ぎるので高校生以下は参加することができません。

チケット購入方法

指定席(特典付き) 自由席
大人 3,000円 2,000円
高校生以下 3,000円 1,000円

チケット購入サイトはこちら

淡路島うみぞら映画祭の口コミ・感想

「映画を海をバックに砂浜で座って見る」

というのはとてもロマンチックでデートにもぴったり!なシチュエーションですが、

凄い混雑で人と人との距離が近い!

上映の2時間は寝転がったりできず、同じ体制というのが辛いです。

以前は折りたたみのイスを持参している人もいましたが、

後ろの人が見えにくくなるという苦情から2019年からNGとなりました。

自由席か指定席か、迷うところですがスクリーンが大きいのと

映画館ほど前列がスクリーンに近すぎないため見にくいということはありません。

ただ、当日券も即効で満席になるので保険として指定席を購入するのは良いと思います。

夜になると海からの風もきつくなってくるのでパーカーなどの羽織るものは必須!!

砂浜なので固くはないですが、小さい座布団があれば尚快適です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です